入院用おすすめレンタルWi-Fiと病院でWi-Fiを利用する際の注意点

入院用おすすめレンタルWi-Fiと病院でWi-Fiを利用する際の注意点

入院中の必需品!ポケットWiFiをレンタルして病院でもネットを使おう

WiFiレンタルは自分が必要な期間を選んでポケットWi-Fiなどをレンタルすることが出来るのでため、入院の時にはとても便利なサービスです。WiFi環境の無い病院も多いため、入院中に病室でWi-Fiが利用できるようになれば、スマホやタブレットやパソコンなどで、動画をみたりインターネットを使うことができるようなります。入院中にネットを使いたい、映画や動画を見たいという方にはレンタルできるポケットWiFiが便利です。ポケットWiFi(モバイルWiFi)があると、毎月のデータ通信容量の制限を気にすることなくネットを利用することができます。映画をみたり、漫画を読んだり、入院中の時間を有効につかうことができるようになります。レンタルWiFiは設定がされた状態で手元に送られてくるため、初期設定が必要なく、電源を入れるだけで、通信ができます。このページでは入院で役立つレンタルWi-Fi、病院でレンタルWIFIを使いたい場合に、気をつけることについて紹介します。


急な入院でも、最短翌日にWiFiルーターをお届け!
入院に利用できるレンタルWi-Fiはこちら

入院前に確認するべき3点

入院でWi-Fiレンタルを検討している方は以下の3つのことは事前に確認をおすすめします。

病院でWi-Fiが使用禁止にされていないか

WiFiルーターは、電波を使用しておりますので、携帯電話の利用が禁止されている病院、病室ではご利用いただけません。病院がWiFiやおろか、電話も一部の場所でしかしてはいけないというルールを定めている場合もあるそうです。たいていの場合はWiFiや電話は大丈夫なところが多いですが、入院される病院に事前に確認しおきましょう。。

病院内にWi-Fiサービスがあるかどうか

一部の病院では無料でつかえるWiFiが設置されています。入院する病室でもWi-Fiが利用できるなら、わざわざWiFiをレンタルする必要はありません。事前に確認しておきましょう。

病院でレンタルWiFiを受け取ることができるか

ライトポケットでは入院されている方向けとして直接病院にWiFiを送ることがよくありますが、病院によっては受け付けないという場合もあるとおもいます。入院中の場合は、病院へご確認をお願いいたします。病院でWiFiを受け取れない場合、入院前に自宅で受け取るか、身内の方に病室までもってきてもらうなどする必要があります。
病院で利用できるレンタルWi-Fiはこちら

理解しておこう!病院で電波が入らないWi-Fi

病室で圏外
レンタルWiFiはいろいろなネットワークを使って通信するWi-Fiルーターが提供されています。ドコモのネットワークで利用できるWi-Fi、Auやソフトバンク、WiMAX、Y!モバイル、楽天モバイルなど様々です。データ容量の多さ(ギガの多さ)や価格で選んでしまいがちですが。たとえ無制限使い放題であったとしても、入院した際に、病室で電波が入らなければ、レンタルしたWiFiの料金をドブに捨てるようなものです。入院中の病室で電波が入るかどうかはとても重要です。

病院で電波が入りにくいWIFIの電波は?

レンタルWi-Fiはほどんどが4G/LTEでのデータ通信をします。すべてのキャリアが同じ電波を使っているわけではなく、電波にはそれぞれの特徴があります。ここでは技術的な詳しい説明は省きますが、病院は頑丈な建物で作られているため、病室内に届きにくい電波があるということを理解をしておいていただければ十分です。病室に届きにくい電波をつかっているサービスはWiMAXと楽天モバイルになります。この2つのサービスはアンテナが少ないなどという設備の問題でなく、電波の特徴で、建物の中に届きにくい性質であるからです。ですので、入院でWi-Fiをレンタルを考えていらっしゃる場合は、WiMAXと楽天モバイルのネットワークを利用したWi-Fiをレンタルは避けるようにしましょう。
*すべてWIMAXや楽天モバイルのネットワークを利用したWIFIが病院使えないというわけではなりません。

入院中の病室で電波が入りやすい電波のWIFI

入院する病院の病室でも利用できるネットワークはどれになるのかということですが、docomo,au,Softbank,Y!mobileとなります。 Y!mobileも一部は入りにくい電波を持っていますが、Softbankど同様のネットワークを利用できるタイプのWiFiルーターは問題ないとおもいます。

入院中の病室で電波が入る通信キャリアまとめ

通信キャリア別のイメージ
docomoausoftbankY!mobileWiMAX楽天モバイル
対応エリア
建物内
病院XX
電波の特徴のイメージになります。すべてのWIFIがこの通りというわけではありません。
急な入院にも便利なレンタルWi-Fiはこちら

入院中に必要となるWi-Fiのデータ容量(ギガ)の目安

入院時に、WIFIでどれぐらいギガを消費するのでしょうか?気にになるところだと思います。 入院中、メールやネット検索だけであれば、それほどデータ容量はつかいません。 動画を長時間見たりビデオ通話を長い間するという場合は、かなりデータ容量が必要となります。

動画やビデオ通話利用の通信量目安

1日30分以下月間20GB以下
1日1時間-2時間月間50GB以上
1日2時間以上月間100GB以上
*目安です。利用状況によってはこれほどデータ通信を使用しない場合もあります。

「入院中どのくらいギガを消費するのかわからない。」という場合は、レンタルWiFiでは途中でデータを追加購入するなどはできないケースがほとんどなので、大容量100GB程度のWi-Fiを選んでおくと安心だと思います。

ライトポケットのレンタルWi-Fiは入院中のネット利用におすすめ

大容量

ライトポケットが提供するレンタルWi-Fiは大容量です。 動画を見ていても、テレワークで利用しても、安心できる大容量プランとなっています。入院中データ容量が不足をきにすることなく通信ができます。日毎の通信制限や、夜間の制限などありません。 通信容量のカウントは月単位でのカウントとなりますので、月をまたいで使用される場合、月初にさらに100GB使用できるようになります。

病院でも電波が入る

通信品質もDocomo,Au,SoftbankのLTEのネットワークで通信可能なクラウドSIM技術をつかったモバイルWi-Fiルーターを提供いたします。 WiMAXや楽天モバイルのネットワークで起きるような病院の建物に電波が遮られるという心配もないため病室でネットが使えます。

病室で繋がらないなら返金対応

入院中、病室で通信がでできない、電波が入らないなど通信面で問題がある場合は、レンタル開始から2日以内に返却いただければ、返金対応いたします。

入院に使えるおすすめレンタルWiFi